トップページ > 都政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 情報公開の窓 > 条例改正の概要(平成29年7月1日施行)

ここから本文です。

平成29(2017)年10月12日更新

条例改正の概要(平成29年7月1日施行)

1 東京都情報公開条例の一部を改正する条例【一部改正】

(1)改正理由

情報公開を推進し、都政の透明性をより一層高めるため、公文書の開示手数料の額を改定し、都民の負担を軽減するとともに、情報公開における情報通信の技術の積極的な活用に係る規定を設けるほか、所要の改正を行う必要がある。

(2)改正内容

ア  公文書の開示手数料の額の改定(17 条、17 条の 2、別表)

(ア) 閲覧(視聴)手数料を廃止(文書等1枚 10 円(100 円限度)、録音テープ 1 巻 1 回 300 円等→廃止)

(イ) 紙媒体による写しの交付手数料を減額 (単色刷り1枚 20 円→10 円、多色刷り1枚 100 円→20 円)

(ウ) 電磁的記録媒体(CD、DVD 等)による写しの交付手数料を一部改定 (減額)

・CD による写しの交付手数料(1 枚 400 円→100 円)
・録音テープによる写しの交付手数料(1 巻 260 円→150 円)(新設)
・DVD による写しの交付手数料(1 枚 100 円)
・文書等をスキャナで読み取ってできた電磁的記録を CD 等に複写して交付する手数料(1 枚 100 円)

イ   情報通信技術を活用した公文書データの提供

(ア) 都民への情報提供における情報通信技術の積極的活用に係る規定を新設(36条 2 項)

(イ) 東京都情報公開・個人情報保護審議会について、情報通信技術を含めた幅広い専門家の意見を反映できるように、委員を1名増員(39 条 5 項)

ウ 積極的な行政情報の公表・提供

(ア) 都民に対する自主的広報及び都民の需要を踏まえた情報提供を行う旨の文言を追加(36 条 1 項)

(イ) インターネットで公表している情報について、公文書開示の対象から除外。この場合において、インターネットによる公表情報等を閲覧するために必要な情報の提供を実施機関に義務付け(18 条 2項)

(ウ) 複数回開示請求を受けた情報の公表を徹底(35 条 2 項)

(エ) 公文書の開示を請求する際の理由記載を不要とし、何人も請求できるよう改正(5 条、6 条、33 条)


※ その他、東京都公文書の管理に関する条例の制定を踏まえ、40 条 1 項の実施機関に公文書の適正な管理を義務付ける規定は現行のとおり残し、実施機関の公文書の管理に関する定めを設けること等を定める同条 2 項及び 3 項については、同条例に同趣旨の規定が設けられる見込みであることから削除する。

(3)施行期日

平成 29 年 7 月 1 日

2 東京都個人情報の保護に関する条例の一部を改正する条例【一部改正】
3 東京都特定個人情報の保護に関する条例の一部を改正する条例【一部改正】

(1)改正理由

 東京都情報公開条例(平成 11 年東京都条例第 5 号)の改正に伴い、保有個人情報・保 有特定個人 情報の開示に係る手数料の額を改定し、都民の負担を軽減するほか、規定 を整備する必要がある。

(2)改正内容

ア  公文書の開示手数料の額の改定(別表)

(ア) 紙媒体による写しの交付手数料を減額(単色刷り1枚 20 円→10 円、多色刷り1枚 100 円→20 円)

(イ) 電磁的記録媒体(CD、DVD 等)による写しの交付手数料を一部改定 (減額)

・CD による写しの交付手数料(1 枚 400 円→100 円)
・録音テープによる写しの交付手数料(1 巻 260 円→150 円)(新設)
・DVD による写しの交付手数料(1 枚 100 円)

イ 規定整備

  その他文言整理に係る規定整備

(3)施行期日

平成 29 年 7 月 1 日

開示手数料  

【閲覧(視聴)手数料】→ 改正後廃止

公文書の種類 手数料の金額(改正前)
文書、図画及び写真 1枚につき       10円(1件名につき100円限度)    
フィルム 映画フィルム、スライド以外 1こま1回につき  10円(1件名につき100円限度) 
映画フィルム 1巻1回につき   400円
スライド 1こま1回につき  10円(1件名につき300円限度)
電磁的記録 ビデオテープ 1巻1回につき   300円
録音テープ 1巻1回につき   300円
フロッピーディスク ディスプレイに出力したものの視聴1件名につき 
     100円(フロッピーディスク1枚につき300円限度) 
印刷物として出力したものの閲覧1枚につき
     10円(1件名につき100円限度)    
その他の電磁的記録 印刷物として出力したものの閲覧1枚につき
     10円(1件名につき100円限度)

 ※閲覧(視聴)手数料は、情報公開条例のみ現行規定あり

 

【写しの交付手数料】

公文書の種類 手数料の金額
改正後 改正前
文書、図画及び写真 写し(単色刷り)1枚につき                     
10円 20円
写し(多色刷り)1枚につき
  20円 100円
スキャナにより読み取ってできた電磁的記録を複写した                           光ディスク(CD又はDVD)1枚につき
100円 (規定なし)
フィルム マイクロフィルム 印刷物として出力したもの(単色刷り)1枚につき
10円 (規定なし)
印刷物として出力したもの(多色刷り)1枚につき
     20円 20円
電磁的記録 ビデオテープ 複写したビデオテープ1巻につき
  290円 290円
録音テープ 複写した録音テープ1巻につき
    150円 260円
その他の電磁的記録 印刷物として出力したもの(単色刷り)1枚につき
      10円  
印刷物として出力したもの(多色刷り)1枚につき
      20円 20円
複写したフロッピーディスク1枚につき
       100円 100円
    (規則で規定)
複写した光ディスク(CD又はDVD)1枚につき
       100円 400円
    (CDのみ規則で規定)

※網掛けは、情報公開条例のみ改正後規定

 

東京都情報公開条例等改正案の概要の公表及び意見募集について

東京都では、「情報公開の新たな取組について」を東京都情報公開・個人情報保護審議会に諮問し、3月24日に同審議会から答申を受けて、「東京都情報公開条例」、「東京都個人情報の保護に関する条例」及び「東京都特定個人情報の保護に関する条例」(以下「東京都情報公開条例等」といいます。)の改正案の概要を取りまとめました。 
   この改正案の概要に対して、4月7日から4月26日まで都民の皆様から意見募集を行いました。 
   たくさんの意見をお寄せいただき、誠にありがとうございました。

   お寄せいただいた意見等の概要及びその意見等に対する都の見解をとりまとめましたので、公表します。

東京都情報公開条例等改正案の概要に関する意見募集の結果について(PDF:164KB)
別紙 寄せられた意見の概要及び意見に対する都の見解 (PDF:291KB)
   
東京都情報公開条例等改正案の概要(PDF:169KB)

 

問い合わせ先

所属課室:生活文化局広報広聴部情報公開課 担当者名:日置・吉田

電話番号:03-5388-3134

内線:29-311

ファックス番号:03-5388-1338

メールアドレス:S0000008@section.metro.tokyo.jp

ページの先頭へ戻る