トップページ > 都政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 個人情報保護制度・特定個人情報保護制度 > 東京都個人情報の保護に関する条例及び制度運用について

ここから本文です。

平成29(2017)年10月23日更新

東京都個人情報の保護に関する条例及び制度運用について

概要

東京都では、平成2年に「東京都個人情報の保護に関する条例」を制定し、都が保有する個人情報の取扱いに関する具体的なルールを定め、個人の権利利益の保護と都政の適正な運営を目指し、個人情報の漏えい等がないように努めています。 

都が保有する個人情報の保護

個人情報保護制度運営に関する附属機関

  • 東京都情報公開・個人情報保護審議会
    情報公開制度や個人情報保護制度について、審議又は意見を述べるために設置している審議会について掲載しています。
  • 東京都個人情報保護審査会
    東京都が保有する個人情報に関する開示決定等に係る不服申立てに関し、その当否を審議するために設置している審査会について掲載しています。

個人情報保護制度に関する資料

東京都個人情報の保護に関する条例等

条例

規則

通達

要綱

その他

東京都の個人情報保護制度の運用状況(年次報告)

「個人情報保護事務の手引」を発行しました(平成28年7月)

東京都個人情報の保護に関する条例について、平成28年7月時点で有効な規定の解釈・関係規則・要綱等を条文ごとにまとめたものです。個人情報保護事務の手引(抄)

個人情報保護制度に関する相談窓口

生活文化局広報広聴部情報公開課(個人情報担当)
   東京都庁第一本庁舎17階南側 
   電話03(5388)3160(ダイヤルイン) 平日 9時から17時まで 

                               パンフレット 事業活動と個人情報

その他関連情報

ページの先頭へ戻る